セロトニンが影響 | うつ状態でどうしようもない場合、プロザックがおすすめです

セロトニンが影響

セロトニンが影響

「セロトニンが影響」のイメージフォトです。

そもそもうつ病とはなぜ起こってしまうのか?
プロザックを使う前に、その原因についても知っておくべきだと思います。

まずうつ病の原因といったら仕事とか人間関係などあらゆることが原因になりうるわけですが、もっと深堀していくと「セロトニン」と呼ばれる物質が大きく関わっています。
このセロトニンが脳内で分泌されにくくなると、そこからうつ病につながってしまうおそれがあるのです。
つまりセロトニンについての知識を深く知ることによって、あなたはうつ病対策をすることができるようになります。
なおパニック障害や社会不安障害などもセロトニンの異常が原因となることが多いので、プロザックをはじめ多くのうつ病治療薬ではセロトニンを増やすための効果が含まれています。

ではセロトニンとはそもそも何か?
セロトニンは別名「5-水酸化トリプタミン」と呼ばれる化合物です。
これは我々の体に10mgほど存在していて、いろんな働きをしてくれます。
たとえば気分をよくするための働きとして有名ですが、実は他にも平滑筋や筋肉を収縮させる作用を持っていたりします。
これによって万が一血管が切れてしまったとしても、セロトニンが血管の平滑筋を収縮させて出血部分の血管を縮ませ血を止めてくれます。

しかし我々人間は、セロトニンが時として分泌されにくくなってしまうのです。
そうするとうつ病など心の病気に侵されてしまいますので、必ずプロザックなどのうつ病治療薬を使っていくことになるでしょう。

あなたがもしうつ病になっている場合は、根本的にセロトニン不足に陥っていることがいえます。