色々と工夫をしよう | うつ状態でどうしようもない場合、プロザックがおすすめです

色々と工夫をしよう

色々と工夫をしよう

「色々と工夫をしよう」のイメージフォトです。

プロザックだけでもセロトニンを体内に増やすことはできますが、プロザックのみに頼るだけではなくさらに重要なことを今回は伝えていきたいと思います。

基本的にセロトニンという物質は、プロザックのような治療薬じゃないと増やせないということはありません。
実はもうひとつ重要な要素があります。
それがずばり「運動や食事」です。

プロザックを使いつつ、さらに普段から運動をしたり食生活に気をつけたりすることによって、よりセロトニンを体内に分泌させやすくすることができます。
できることはなんでもするようにした方が当然結果的によくなりますので、あなたもプロザックを使う場合はぜひ運動と食生活にも注意を払ってほしいと思います。

なおセロトニン神経は、基本的にリズミカルな運動によって活性されやすくなるといわれています。
そのためもっとも有効的なリズム運動として、ウォーキングや食事の際の咀嚼などがいいといえます。
また意識的に呼吸をしてリズムを取るのもいいでしょう。
そうすればセロトニン神経を刺激することができます。

あと食生活については、基本的にチーズやヨーグルトなどの乳製品、そしてマグロやカツオなどの魚類、さらにナッツ類や卵などを意識して摂るようにしてみてください。
これらの食品はセロトニンを増やす効果があるので、積極的に口にしてほしいところです。

ちなみにセロトニンを増やすのに欠かせない成分としてトリプトファンというものがありますが、これらの食品さえ摂取していればしっかりとトリプトファンを体内に取り入れて、セロトニンを生成しやすくすることができます。